ゆにばーさるについて


利用者の声札幌八軒
利用者の声
<札幌八軒>

私は、今まで、いくつもの非正規の仕事を転々としてきました。

もともと短期雇用だった仕事もしましたが、長期の仕事をしてもすぐ辞めたりして、周囲の人から心配されるほどでした。 また、難しい仕事ができず、仕事を変えるにつれて、どんどん簡単な仕事ばかりしていくようになりました。 職業に貴賎なしとはいいますが、チラシ配りやプラカード持ちを生業としていたこともあります。

仕事というのは、ある程度スピードが要求されるものだと思っています。 しかし、私は仕事を急かされることが不得手で、つねにプレッシャーを感じながら仕事をしていました。 なので、出勤前からずっと緊張していて、仕事をしていても手汗をかいたり、手が震えるほど緊張したりと、 まったく自分の力を発揮することができませんでした。 仕事に「やりがい」など求めるなんて、遠い夢の話でした。また、人間関係についても不安が多かったです。

もちろんゆにばーさるの仕事も、期限がないといえば嘘になりますが、今は安心して就労できています。 そして、こんな私でも、ゆにばーさるの仕事では、「やりがい」を感じながら仕事をしています。

ゆにばーさるのパンフレットは見ていただけたでしょうか? あれは私が制作させていただいたものです。 簡単に作っているように見えるかもしれませんが、なかなか大変でした。 ゼロからの作業で、自分の能力を超えていると思いました。 しかし、ちゃんと完成にこぎつけることができました。私の能力を引き出してくれたのです。 自分でもできるんだ、と自信がつきました。 社外に出るものも作る仕事は、私にとってすごく「やりがい」のあるものでした。

各人のよいところをのばしてくれるのが、ゆにばーさるの一番よい点ではないかと、私は思います。 みなさんもゆにばーさるで働いてみませんか?


私は、当事業所を見つけるまでは、一般企業で勤務をしておりましたが、体調を崩し身体障害者となり、 勤務が困難になり退職、無職生活を送っておりました。しかし、生活の困窮・堕落生活の脱却・規則正しい生活を目指し、 A型事業所を探しておりましたところ、職業安定所にて、「ゆにばーさる就労支援センター札幌八軒」を見つけました。

当職員さんは親切・丁寧に業務を1から教えて下さり、パソコン業務では「あ」の打ち方から勉強を始めさせてもらいました。 今では多少のブラインドタッチができるまでに成長させて頂きました。 パソコン業務では長時間の勤務が辛くなりますので、1時間に1回の休憩があり、視力回復と頭のリフレッシュが約束されております。 仕事上のノルマも無く、作業員一丸となり皆で助け合い・協力して一つの業務をこなしております。

また当事業所ではパワーハラスメント・セクシュアルハラスメント・マタニティハラスメントの対策もしっかりしておりますので、 妙なプレッシャーを感じる事無く快適に業務ができます。

利用者の体調管理もしっかりとしておりますので、体調が悪くなりましたら、 ベッドでの休養なども可能であり、 さらに体調が悪い場合には、病院や家までの送迎もして頂けるので、健康面でも安心して業務に就くことが可能です。

また、職場への通勤について、徒歩はもちろん送迎車での通勤も対応しておりますので、 近隣の地下鉄・JRの駅まで送迎をしてもらえます。 その他体調・身体障害の度合により、自宅まで送迎可能となっておりますのでご安心ください。

今では安心して業務に取り組むことができ、大変有意義な毎日を送ることができております。 皆様も色々考える事はあると思いますが、是非当A型事業所で一緒に働いてみませんか? これから一般企業への就職を目指している方にはとても良い環境になると思います!